エアコン掃除に使う蓄圧式噴霧器の噴口と水圧をチェック

2017/09/22便利道具

エアコンの洗浄用に高圧洗浄機を探してみると、何万もするような物ばかり。
かと言って家庭用の物だと、圧力が高すぎて使い物になりません。
もう少し圧力が低くて、安価な物で探していると、園芸用で発見しました。
蓄圧式噴霧器で、価格も千数百円とかなり良心的。
そこで、水圧は少々不安でしたが、購入してみました。

スポンサーリンク

工進 蓄圧式噴霧器 HS-401E

購入したのは工進 蓄圧式噴霧器 HS-401Eです。
さっそく箱から取り出してみました。

本体と、ノズル、取扱説明書が入っていました。
組立は、ノズルをグリップ部分に取り付けるだけなので簡単です。

気になっていた水圧ですが、取扱説明書によると、安全弁作動圧力 0.2MPaとなっているので、0.2Mpa未満という事になります。
やはり少々低めではありますが、実際どれぐらいの圧力なのかを調べてみました。

噴霧器の噴口と水圧

まずは水を既定の4Lまで入れます。

続いてこのハンドルを押して加圧していきます。

押している感覚は、自転車の空気入れに近いと思います。

シュコシュコ押すこと18回。
やっと既定の圧力まで達したようで、圧力弁が上がって赤いラインが見えてきました。

更にここから数回押してみましたが、圧力弁が写真の位置よりも少し上がったところで「シュー」といって、これ以上加圧できないようになっていました。

それでは最大まで加圧できたので、実験してみましょう。

噴口の調整

ノズルの先端を回すと噴口が調整できるようになっています。
まずは、噴霧器として使うときの噴口で、いっぱいまで締めると写真のように噴出します。

まさに噴霧器です。
園芸用で薬剤を散布するには、適度な拡散域で使いやすいのではないでしょうか。

しかし!
私の用途はそこではありません(笑)。

では先端を緩めてみましょう。

なかなか良い感じではありますが、水圧はこの状態でもあまりありません。

では一番緩めた状態です。

直噴になりました。
やはりここまでくればそこそこの水圧はありますよ。
と言っても、指に水を当てた感じは水鉄砲ぐらいです(笑)。

水圧の威力

それではこの直噴がどれぐらいの威力なのか。
ベランダの排水溝の汚れに向かって放ってみました。

意外と汚れが落ちていってます。
もちろんブラシで擦らないといけないような汚れは落ちませんが、こういった汚れを落とせるのであれば、エアコン掃除にも使えそうです。

スポンサーリンク

まとめ

手動式だったので、頻繁に加圧しなければいけないのかなと思っていたんですが、1回の加圧で、そこそこの圧力を保っている状態は3~4分あります。
ですので、4L全部をそこそこの圧力で使おうと思えば、3回か4回の加圧で済みます。
そして4Lタンクなので、満水状態で肩から下げていてもそれほど重くありません。
水圧は決して強くありませんが、エアコン掃除はできそうなので安心しました。

それでは、エアコン掃除に行ってきます。

便利道具

Posted by おき