忍者激熱刀と忍者一番刀を100円ショップの材料で自作

2017/09/22DIY, 子供の道具

以前にも同じ物を作り、幾多の戦いごっこを乗り越えてきたのですが、あまりにも損傷が激しくなったので手裏剣部分だけ残して刀は捨てました。
それからは戦いごっこでの使用を禁止されているおもちゃの忍者一番刀を持ち出したり、ブロックを組み立てるのに使うパイプを持ち出したり。
何かしら武器みたいな物を手に取るんですが振り回すとどれも危ないので、もう一度作ろうかなと思っていたところに赤色の刀が登場したのです。

忍者一番刀ならぬ忍者激熱刀

その刀の登場に子供の目もキラキラ。
「またこんなの作ろうか?」という問いにも即答で「うん」でした。

ということで、再制作に向けて100円ショップへ行ってきました。

スポンサーリンク

忍者激熱刀に使う材料は?

img_kodomo_ninken_01

ジョイントマット、光沢シール用紙、おゆまる、梱包用テープで、すべて100円ショップで購入しました。
ジョイントマットの厚みは10mmの物で、模様は何でもいいですが表面は出来るだけ凹凸の少ない物を選びましょう。
光沢シール用紙は、貼り付ける事によって刀(ジョイントマット)の強度を上げている為、全体を覆えるシール形状なら何でもいいです。
おゆまるは刀と手裏剣を合体させる結合部分に使います。
梱包用テープはセロハンテープでも代用出来ますが、幅が広いテープの方が貼り易くて強く仕上がります。

忍者激熱刀を作る

それでは作っていきましょう。

まずパソコンで刀と手裏剣をデザインします。
A4用紙であればサイズが210mm×297mmとなるのでこれを考慮し、刀のサイズを幅36mm×長さ290mmにしました。
これを基準に全体を覆えるサイズで作成します。
ちなみに中央やや下にある○印は、手裏剣を合体させる為の穴の位置です。
手裏剣は刀の大きさに合わせて作成します。
出来あがった物がこちらです。

img_kodomo_ninken_02

1本では戦いごっこが出来ないので、2本同時に作っていきますよ~。

刀を作る

土台のジョイントマット

刀を作るにはまず、ジョイントマットに罫書をしていきます。
刀のサイズは幅36mm×長さ290mmなので、こんな感じに斜めにするとキッチリ収まります

img_kodomo_ninken_03

刀らしく先端部分は少し丸みを持たせています。
それでは切っていきますが、余った部分は手裏剣の土台に使うので切り刻まないようにしましょう(笑)。

img_kodomo_ninken_04

ジョイントマットもまさかこんな形に切られるなんて思っていなかったでしょう(笑)。
表裏で模様や質感が違いますが、ほぼ全体を先程のシールで覆うので問題ないです。

次に強度を上げる為にテープを貼ります。

img_kodomo_ninken_05

写真の位置にテープを貼るんですが、この場所は穴を開ける部分なんです。
以前作った刀はこの穴から亀裂が入りちぎれてしまったので、前もって処置しておきます。
更に強度を上げる為には全体をぐるぐる巻きにすればまずちぎれませんが、叩かれると痛いです(泣)。

外装のシール

それではシールを貼っていきます。
シールを切り抜いた物がこちらです。

img_kodomo_ninken_06

ここと思ったら一気に貼ってしまいましょう
少々のズレやシワ等は2、3日もすれば分からなくなるでしょう(笑)。
先端部分はこんな感じで切り込みを入れると貼り易くなります。

img_kodomo_ninken_07

2本共貼ったのがこちらです。

img_kodomo_ninken_08

結合部分の穴開け

刀の仕上げとして、結合部分の穴開けを忘れてはいけません。
おおよそで直径10mm程の穴を開けます。
私はニッパーで切った後、刃先を閉じて穴に挿し込みグリグリしました。

img_kodomo_ninken_09

少々雑に見えるかもしれませんが、すぐ気にならなくなります(笑)。
これで刀は完成です。

手裏剣を作る

おゆまるで結合部分を作る

まずおゆまるを半分に切り、お湯に浸けて柔らかくします。

img_kodomo_ninken_10

火傷しない様に気を付けながら直径30mm×厚み1mmの薄い物と、直径12mm×高さ20mm程の円柱を作ります。
円柱は先程開けた刀の穴に挿し込むので、穴よりも少し大きめに作ります。
img_kodomo_ninken_11

出来たらそれぞれをもう一度お湯に浸けて柔らかくなった所でくっつけます。

img_kodomo_ninken_12

土台とシールを切り組合わせる

手裏剣のシールを形に合わせて切り抜きます。
土台はジョイントマットの余りを使い、手裏剣のシールより少し大きめに切り抜きます。

img_kodomo_ninken_13

土台の真ん中に直径10mm程の穴を開けて、先程おゆまるで作った物を挿し込みます。

img_kodomo_ninken_14

後はシールを貼り付ければ完成です。

img_kodomo_ninken_15

以前作った手裏剣

img_kodomo_ninken_16

これは以前作った手裏剣で、シールがボロボロになっているので貼り替えます。

img_kodomo_ninken_17

土台の色が違うだけで、作りは全く同じ物です。

刀と手裏剣を合体

忍者激熱刀と忍者一番刀の完成です。

img_kodomo_ninken_18

もちろん手裏剣の交換も出来ます。

img_kodomo_ninken_19

ちなみに裏面はこんな感じになっています。

img_kodomo_ninken_20

スポンサーリンク

まとめ

割と手間なだけに、出来あがると達成感があります(笑)。
手裏剣も前回作っていた5色に加え、新しく3個追加したのもあって子供も大喜びでした。
素材がジョイントマットと紙なので、柔らかい仕上りを想像しそうですが、出来上がりはしっかりした物になります。
我が家では渡すや否や戦いごっこが始まり、既に表面のシールが破けていました(汗)。
はたしていつまでもつのやら・・・。