子供が安全に使えるハサミを探す

2017/09/22子供の道具

子供が2、3歳になってくるといろんな事に興味を持ち始めて、あれこれしたいと主張してきますよね。
安全に出来る事ならばさせてあげたいのですが、なかなか無いのがつらい所です。
ハサミなんかもそうじゃないでしょうか。
我が家でも3歳前頃からハサミに興味を持ち、安全面の事を考えプラスチック製のハサミを渡していました。
しかしながら切れ味が悪いらしく、紙が逃げて切れない時なんかはハサミで挟んだまま引きちぎっていました(汗)。
そんな時ホームセンターで物色していると、子供用のハサミを発見したので買ってみました。

スポンサーリンク

安全はさみ きっちょん

今回購入した子供用ハサミはこちらです。

img_kodomo_hasami01

img_kodomo_hasami02

安心の日本製です。

大きさを比較してみました。

img_kodomo_hasami03

[左]は今まで使っていたプラスチック製のハサミで、[中]が購入したきっちょん、[右]は大人が使っているよくあるハサミです。
大きさは子供が使っているのを見ても以前のハサミと変わりありません。

鋭利な刃先じゃないハサミ

そしてこのハサミを購入した一番の理由が、

刃の断面がフラットな安全設計

だった事です。
ハサミの刃の部分が尖っていないんです。
包装にもイラストがありますが、実際もそんな感じです。

img_kodomo_hasami04

分かりにくいですが、鋭利な刃先で切るのではなく、金属の角と角を擦り合わせて切るハサミです。
なので刃先を指で数回擦ってみましたが、指は切れませんでした。

フラットな刃の切れ味

折り紙を切って比べてみました。

img_kodomo_hasami05

[左]がきっちょんで、[右]がプラスチック製のハサミです。
プラスチック製は紙が破ける音と共に切れていきますが、きっちょんはほぼ普通のハサミの様に切れます。
切断面がそれを物語っていますね。

包装紙の注意書きにもある様にビニールなんかも切れるようです。
試しにチャック付ポリ袋を切ってみました。

img_kodomo_hasami06

紙と変わりなく、難なく切れます。

注意点はあります

いくら鋭利な刃先ではないとは言え、プラスチック製のハサミと比べると格段に切れます。
指なんかは大丈夫だと思いますが(私の小指で試しましたが、後が付くだけでした)、例えば薄手の布系の物は要注意です。
カーテン、カバー、洋服等いろいろあります。
試しにいらなくなったタオルを切ってみました。

img_kodomo_hasami07

最初の切り始めはそれなりに力がいるのですが、それでも切れてしまいます。
髪も容易に切れてしまいます。
電気の線やその他のケーブル類も要注意ですね。

スポンサーリンク

まとめ

ケガをする率は低めですが、悪さをされる率は上がるかも知れません(汗)。
ですが子供がハサミの楽しさを知るには十分な物だと思いますので、使用の際は親御さんの監視の下、安全にはくれぐれもご注意下さい。